無料サービスがどんどん増えていってることは経済格差に影響する?

 

インターネットのおかげで、私たちの暮らしは大変便利になった。

 

 

最近思うんだけど、無料サービスって当たり前になっているような気がする。

 

英語学習ならyou tubeで学習できる。

ハーバード大学の講義も動画サイトで見ることができる。

TED talks では世界中のすばらしいアイディアをもった人たちの知見をシェアできる。

 

かつては有料サービスだったもの・・・・

 

無料サービスが増えて行く中で、そのサービスに付加価値を加えていかなくては商売は成り立たない。

 

 

 情報に裕福な人が得をし、情報に貧乏な人が損をする世の中になってきている。

 小学校6年間、中学校3年間 高校3年間 大学4年間 計16年間にわたる教育の内容はもはや、誰でも手に入れることができる世の中のなってきしまっているようです。

 インターネットにアクセスすれば知りたい情報が瞬時に無料でゲットできる。

16年間の教育内容を無料でゲットできる世の中になっている。

 

 

話が逸れてる、、、

  無料サービスが増える=誰もが利用できるようになる=格差是正

でも無料サービスしている人はどうやって食っているの?考えてみると不思議。

入り口は無料でコンテンツの中で課金っていうシステムなのかな?

 

レストラン街で、匂いは無料です。食べ物は有料です。みたいな感じ。。。

 

無料ってのは釣り文句でもあるんだねきっと。

 

 

 

 

主体的に生きる


この子たちの方がよっぽど主体的に生きている。

自分はどうか?

f:id:yoshifumish:20180117153447j:plain


言われたことだけやってきた人生。言われたことだけをやればいい時代じゃないのだ。

 

 

英語はさておき技術。
 ワーキングホリデーにきて思ったこと、


稼ぐなら技術職のほうが断然稼げる。手に職を持つってことの意味がよくわかった。整備士、美容師、マッサージ師、エンジニア、Webデザイナーさんなど、文字通り手に職を持った方々が英語でお仕事をされています。

さて自分はどうか、
車の整備は洗車やタイヤ交換、オイル交換くらいならやったことあるけど、整備士としては働けません。
髪を切ったことはありません。(文房具用のハサミで切ったことはあります。)
マッザージ・・・亡き祖父母の肩を揉んだことがあります。
エンジニア・・・未知の職業です。
Webデザイナー・・・未知の職業です。 

自分にできることには限りがあります。車の整備はできません。人の髪を切れません。ウェブデザイナーもできません。

日本では英語ができればすごいという風潮がありました。英語ができれば安泰だなんて考えは全く通用しません。語学は基礎ツールです。
こっちの小学生が英語で生活しているように、日本の小学生が日本語で生活しているように、
できて当然のことなんですよね。

ブルーカラーの収入がホワイトカラーの収入を上まるなんてことはザラだね。

そもそもなぜ2色に分けているんだろう? ホワイトの反対はブルーじゃなくて黒じゃないの?

一般に、頭を使う仕事をする人は、背広を着て仕事をし(白を基調とした)ワイシャツを着用する事が多かったことからこのように呼ぶことが多い。一方、現場で自分の肉体を使って作業する人(現業職)はブルーカラーと呼ばれることが多い。厳密にどの職種がホワイトカラーに相当するかは国、地域、人、話し手、状況、使われ方により異なる。  by ウィキ

 f:id:yoshifumish:20171226161906j:plain

ワーキングホリデー 報告その1

4 months have already gone since I came to Vancouver. Time flies so quickly. Finally I got a diploma of TESOL. A certificate is a mere pice of paper but I have no regrets what I did. I have learnt many things during this program. I could build up my confidence.

The way of teaching is completely different from Japanese style. Basically there are lots of STT [Student Taking Time] in the classroom and the students are allowed to use the Internet.
Even though the 4th grade students can handle laptop. It means that they can search whatever they want. I think the good teacher will be replaced by Google.

“The mediocre teacher tells. The good teacher explains. The superior teacher demonstrates. The great teacher inspires.”William Arthur Ward

We’ll have to find something that a rob can’t do.


When it comes to my job, I got two jobs here. One is Japanese teacher, the other is Smak heath fast food. Japanese teacher is very interesting. I usually teach them some Kanji and read Japanese text book together. The contents are just like as elementary school as Japan.
It is nice opportunity for me to put into practice what I learnt at TESOL course.

Smak is a healthy fast food restaurant. I’ve been working in Aug three times a week.
Now that, my schooling is over so I decided to switch to full time shift. My co-workers come from everywhere like Russia, Philippines, Korea, China, and Japan. Multinational members are there. This is also nice place for me because I can have free meals. lol Just kidding!
Not only free meal, but also I can learn something new for me. Actually I’m not good at cooking so this will be a good lesson for my life.

I still have 8 moths left that I can stay here legally.


ーワーキングホリデー1/3報告 [4-month]

[学業]

カナダに来て4ヶ月が経ちました。先日無事にTESOL diplomaの資格取得できました。
掲げた目標は達成できました。応援し

f:id:yoshifumish:20171122105902j:plain

てくれた皆様ありがとうございました。
資格はただの紙1枚に過ぎませんが、チャレンジしてよかったなーと思います。

あと8ヶ月滞在できるので、まだいろんな事吸収できそうです。成功にこだわるんじゃなくて、自分の成長にこだわってこれからも過ごそうと思います。


[仕事とか]
週1ですが日本語学校の先生をやらせてもらっています。カナディアンに日本語を教えています。漢字学習や教科書読んだりですが、楽しくお仕事させてもらっています。

これからfull timeになりそうですが、SMAK---healthy fast food---で働いています。主にキッチンで材料刻んだりオーダー作ったりなどしてます。食材はローカルのものしか使っておらず、容器も全てコンポストできるので環境にも配慮。
健康や環境にも配慮してなおかつスピーディーに食べれるってこの理念すごいね。職場にはいろんな国籍の人がいて楽しく働いています。まだまだ覚えることがありすぎて半人前、4分の1人前ですが、きっとこの経験もどっかで生きてくるのではないかと信じてやっています。f:id:yoshifumish:20171122110000j:plain

フィジー留学


This 3 months have created unforgettable memories in my life.
On June 28th, I could graduated from Free Bird Institute with great confidence at level 7.


I’ve learnt many things in this 3 months.

In this 3months, my English skills have improved leaps and bounds.
Actually,I was engaged in public school education for couple of years. But my skills was not enough to teach somebody. I was lack of not only English skills, but also experiences as a human. My aim was to cultivate myself and to experience that I cannot taste it in Japan.


Once I lost my confidence, but everybody who met in Fiji cheered me up.
All teachers who I met that language school also motivated me up.
Thanks to every single word and phrase that teachers gave me raised me up.

12weeks that I spent in Fiji was a sort of eye-opener and I came to realize that Japan is really developed country. There are plenty of things in Japan. In urban area, there are many 24-hours-open convenience stores every 300m. Neon signs keep delightfully glowing during the day in day out…..

Lautoka where I had stayed was somehow similar to my hometown. There are not so much modern amenities, no neon signs, no convenience stores,It was easy for me to get used to live there.


My biggest harvest staying in Fiji is that I could make connections with not only foreign people but also highly motivated friends. I will keep in touch with them who I met in Fiji.


I also realized that humans cannot live without someone else’s help. That’s why people help each other.People do work to help someone.


These are phrases that still impact on my notion.

“ Other people ’s opinion of you doesn’t have to become your reality.”

“Amateurs practice till they get it right. Professionals practice until they don’t get it wrong.”

“ One language sets you in a corridor for life, Two languages open every door along the way.”


まとめると、この3ヶ月は自分にとっていい糧になりました。海外とのつながりもできました。英語を勉強してきてよかったなーと思いました。次はカナダで新たな物語を作ります!

f:id:yoshifumish:20170711230609j:plain

f:id:yoshifumish:20170711230617j:plain

留学前夜

 

・・・気持ちは高校3年の時の、自分だけ進路が決まっていない心境、そして杉並区に住んでいる親戚の家に浪人させてもらえることが決まった時の心情に似ている。散々泣きました。

ベッドで、床で、ハンドルを握りながら、ジムのトレッドミルの上で、たまちゃんと戯れながら、。。。。。自分の周りにいる人たちの温かさを日に日に感じるようになりました。
誰も自分のことを応援してくれないと思っていました。職場の方、友達、家族、親戚の方がこんな自分を応援してくれました。ありがとうございました。1人じゃないってことよく分かりました。
「ダメだったら、いやになったらすぐに帰ってこい」・・・・この言葉に自分は何度も涙しました。帰れる場所があることに気づかされました。
いつも当然だと思っていたこの環境にはもう戻れないのです。今、自室で目に涙を浮かべキーボードを叩いています。

また地元を離れ、今度は東京ではなく、海外へ行く自分。無謀かもしれません。でも仕事を辞める覚悟をした以上、もはや背水の陣です。進むしかありません。f:id:yoshifumish:20170407234845j:plain

きっと明日の今頃は飛行機の中で、空の上で泣いているのかと思います。どこに座っているのでしょう。3列シートの真ん中でしょうか?窓側でしょうか?通路側でしょうか?。。。。

なぜ留学を決意したのか。・・・・・支援員をやる前から、ワーキングホリデーのことを考えていたことは事実。TESOLに興味があったことも事実。そして自分だけに学費が掛かりすぎているのも事実。(私立の大学で一人暮らしの学費)。地元の中学校でおかしい英語教員とあって日々イライラしていたことも紛れもない事実でその安定した身分に疑問を感じた公務員という制度に疑問を感じたのも事実。組織だから守るしかないと管理職に、非正規がモノを言うなと言われたのも事実。教員採用試験の不透明さに疑問を抱き、現場の先生の素行を見ていて、モチベーションが続かなかったことも事実。いろんな事実の点がつなぎ合わさって明日を迎えます。これらの事実の点は将来どのようにつながるのか楽しみでもあるし不安でもあります。

逃げと言われるか、甘えと言われるか、そもそも俺一人のためにそんなに神経を研ぎ澄まして考えてくれている人はいない。今まで自分のことを過大評価していた気がする。

1億2000万分の1です。70億人のうちの1人です。自分はちっぽけです。でもちっぽけなりに行動してみます。自分の人生に何かを残して死にたい。人は生まれた時からずーっと死にむかって進んでいることは事実。 今日は親戚のじぃじぃのお見舞いに病院へ行きました。意識が朦朧として、誰が来たのか認識できない状態でした。不謹慎ですけど、先はもう長くなくずっと死を待っているようにも見えました、、、、ニューギニアまで出兵されたそうです。もっといろんな話を聞いておくべきでした。

 


不幸を目指して生きている人間はいないと思います。誰もがみんな幸せを求めているはずです。自分の幸せは自分の心が決めます。留学後にどうなっていたいか、英語がペラペラになっていたい。
海外経験を生かして仕事がしたい。人のためになる仕事をしたい。やってて楽しい仕事をしたい。自分の頭から仕事=苦痛という概念をなくす。

仕事=楽しいこと=ハマれること

後悔しないように行動します。特にこの3ヶ月は勝負です。もう隣には誰もいません。海外旅行はいつも一緒だったMT君はいません。
声をかけることに躊躇しない。女子大生だろうと、年配の方だろうと、外国の人だろうと、焦点が合わなくてもいいから、自分から積極的につながる努力をします。
与えるものは与えられる。ですよね!

 

 

 

 

教職の4年間

私が教職を退いた理由

 支援員として某小学校で小1の教室に入れない子の面倒や担任の補佐をさせてもらっていました。そして3年間講師として、公立の中学校に勤務させていただきました。
 一度採用されてしまえば、終身雇用。法に触れることをしければクビにはならない。教室というのは密室で担当教員が子どもを育てる。
教育って日本の将来を担う子どもたちのを育てることが仕事。権力に従うような子どもを育てるのが今の学校教育のシステムなのか。
子どもは教員に従い、教員は管理職の言うことに従い、管理職は教育委員会の権限・方針に従う。。。。なんか腑に落ちないことがありました。

 


「先生っ!」と呼ばれることはもうないのかもしれません。でも楽しかったですね。子どもとの時間が楽しくて、保護者との飲み会も楽しくてそれで毎月
給料が振り込まれる、、、自分にとっては天職でした。

でもこの業界に疑問を抱くようになりました。知識も経験もないことをあたかもあるかのように子どもたちに教えること、その知識は何の役に立つにか?
小学校から英語が教科化 道徳も教科化、・・・・何がしたいのかわからなくなってきました。

自分自身にもchangeが必要です。英語の知識だけではなく、これからの社会を生きるには何か必要です。
 
非正規がものを言うなと言われました。組織として仕事をしているのだから同僚の悪口を言うな。信用問題にまで発展する某教職員をかくまうのか、それは管理職のすることでしょうか。。。管理の対象ってなんですかね?、、、、そんなこんなでモチベーションは続かなかったです。

 

 

4月からしばらく海外で勉強してきます。